読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

2016年からはテレビを見る時間を2015年比半減させることを決めた35歳サラリーマン

2016年、僕は読書とブログの時間を作る為に、

「テレビを見る時間を半分にします!」

 

 f:id:kyotoahaha:20160110104706j:plain

 

 

僕は根っからのテレビっ子で、

子供のころからドラマを見て大人の世界にあこがれ、

バラエティを見て笑って救われ、

ドキュメンタリーを見て様々な知識を得てきました。

 

 

そんな僕がテレビを見る時間を半減させようと思ったのは、

の2つの理由です。

 

 

  1. 「テレビを見る」という行為はどうしても受け身であり、アウトプットする力がまったく鍛えられないからです。テレビを見ても知識を得ることが消費者なのです。はあちゅうさん「はあちゅう 公式ブログ Powered by LINE」の言う、 

     

     プレーヤーでいるか。観客でいるか。

     

    いうと、完全に観客なのです。35歳になって、人生残り半分は少しでもプレイヤーとして人生を楽しみたい、と思ったからです。2016年はプレイヤーになります。                                                                                                                                                                                                                                                                   

  2. 見たいテレビ番組が減っているからです。年齢のせいか、ネットが普及しているせいか、「面白い!」「来週も必ず見たい!」という番組がかなり少ないのです。特にドラマとバラエティに「見たい!」という番組が少なくなりました。

 

 

引き続き見るテレビ番組は、

 

 

時間は人生において、みんなに平等に与えられた唯一のリソースであり、お金を出しても買うことが出来ません。(今のところは。)

 

 

平日は、1日24時間のうち、「仕事12時間、睡眠7時間、食事2時間、お風呂トイレその他1時間」のトータル22時間はすでに動かしようないです。残りの2時間を「家族との時間」と「読書とブログ」に振り分けようとすると、「テレビを見る」間の優先順位を下げないと人生でやりたいことを実現出来ません。

 

 

2016年は、「読書とブログ」に時間を使います!

時間の使い方に後悔の無い一年にして、やりたいことを実現してきます。

 

 

ひろ