読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

フロービジネスではなく、ストックビジネスを目指す。今は実力が無いので。。

自分自身の実力があれば、フロージビネスで勝負したいところです。ただ、僕は”今は”実力が無いので、ストックビジネスをやります。

 

 

f:id:kyotoahaha:20160130114947j:plain

 

 

フロービジネスとは?ストックビジネスとは?

 

フロービジネスとは、フローの意味する「流れる」とビジネスの意味する「仕事」が合わさった「流れる仕事」です。都度都度お客さんと接点を持ち、その時々に応じて仕事が成立し収益をあげて行くスタイルです。

 ストックビジネスとは、ストックの意味する「貯める」とビジネスの意味する「仕事」が合わさった「貯める仕事」です。お客さんと一度接点を持つことが出来れば、その後は安定的に仕事が成立し収益を上げ続けられるスタイルです。

 

フロービジネスはすぐにできるけど安定しない、ストックビジネスは時間がかかるけど安定する、というのが大雑把なイメージです。

 

フロービジネスは参入障壁が低く、フロービジネスは参入障壁が高い。

 

フロービジネスは競争が激しいが、フロービジネスは競争が激しくない。

 

 

例えば、

 

「カフェ」はフロービジネスですが、「不動産」はストックビジネスです。

カフェではコーヒーを売り続けなあかんけど、不動産に一旦お客さんが入居してくれれば継続的に家賃が入ります。

 

Sonyの携帯電話事業」はフロービジネスですが、「NTTドコモの携帯電話事業」はストックビジネスです。

SonyはオシャレなXperiaを作り続けなければあかんけど、ドコモはお客さんが一度契約してくれれば毎月携帯料金を払ってもらえます。

 

パナソニックの家電事業」はフロービジネスですが、「Canonのプリンター事業」はストックビジネスです。

パナソニックはテレビとかデジカメを宣伝し続けなあかんけど。Canonはお客さんが一度プリンターを買ってくれれば後はトナーが売れ続けます。

 

Twitter」と「Facebook」はフローですが、「ブログ」と「Instagram」はストックです。

TwitterFacebookは都度都度の投稿を楽しむスタイルですが、ブログとInstagramは一度した投稿を後からも楽しむスタイルです。

 

 

実力が無い場合は、ストックビジネスを目指す

 

上の例を見て分かるとおり、フロービジネスはガチンコです。常に競争があり、一旦勝てたとしても気を抜くと一気に負けてしまいます。実力があって、常に120%で頑張り続けられるマッチョな人だけが、フロービジネスに行ってもいいです。

 

実力が無くて、競争も好きで無いなら、ストックビジネスをやるべきです。ストックビジネスは立ち上げには時間が掛かるものの、立ち上がれば安定的な収入が期待出来ます。だから僕は不動産投資をやってます。時間が掛かってなかなか大きくなりませんが、今のところ少ない利益ですが安定しています。ストックビジネスは就活や転職する時も一緒です。ガチンコ競争をやるのがしんどいなら、ストックビジネスをやっている会社にいかんとダメです。自分がしんどくなるだけです。

 

 

 

ひろ