読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

2015年度の源泉徴収票が届きました。2014年度比で年収が19%ダウン!!

サラリーマン恒例の「源泉徴収票 - Wikipedia」が今年もきました。

 

 

f:id:kyotoahaha:20160130223841j:plain

 

 

2015年度の源泉徴収票

 

支払金額は、6,300,603円でした。

支払金額は、いわゆる年収です。2015年4月に三菱電機から今の機械メーカーに転職したので2014年度に比べたら約1,500,000円のダウンです。約19%ダウンです。主な原因は「転職したばかりで2015年の夏のボーナスがほんのちょっぴりだったこと」「転職したばかりの4-6月の残業が10時間前後と劇的に少ないこと」です。もともと年収ダウンは織り込んだ上での転職だったので、しゃーないです。三菱電機時代に比べると、残業時間が月あたり20時間減っているし、通勤時間が1日あたり1時間20分減っています。よって、平日は1日当たり2時間、家族との時間が増えています。ありがたい。

 

源泉徴収税額は、235,900円でした。

源泉徴収税額は、所得税のことです。昨年は住宅を購入して住宅ローンを組んだので、この源泉徴収税額から住宅ローン減税をかける予定です。

 

 

2015年度のサラリーマンの給料と仕事

 

2014年度に比べると給料は減ったものの、家族との時間が増えて大変うれしく楽しい1年でした。2015年は、給料と仕事と家庭のバランスがとてもよかったです。転職したのでもろもろのストレスはあったものの、資材調達を8年間やってきたこともあり、新たな会社の仕事がうまく立ち上がりました。新しい会社はええ人が多く、ええ会社に入ったと確信を持てています。また、当たり前の健康も維持出来、非常に良かったです。

 

 

2016年度のサラリーマンの給料と仕事

 

2016年度は、減った給料を再び増やしていきます。4年前の給料に戻ってしまったので。。ただ給料を増やすのは、働く時間数を増やすのでなく、もう一方の時給を上げて給料を増やしていきます。仕事を効率的にこなし、成果を残す為に、仕事の取捨選択の精度とスピードを上げていきます。仕事の取捨選択に伴う批判は気にせず、自分に求められている成果を最大化していきます。

 

 

源泉徴収票は、サラリーマンの通知簿であり、過去1年間の振り返りができるええツールです。年収はその年の評価を定量的に知れるし、過去との比較をすることができます。また、同業他社や他業界との年収を比較することで、自分の会社/自分の評価の立ち位置を知ることができます。自分の位置が分かれば、次にどうしたのか?どーするべきなのか?、を考え、次のアクションを取ることが出来ます。自分の仕事の進め方を変えないといけないのか?、部署を変えた方がいいのか?、会社を変えたの方がいいのか?、業界を変えた方がいいのか?などなど。

 

 

今、僕は3社目の会社ですが、大きくは会社の規模と年収には相関があります。売上9兆円のパナソニックの給料は、売上4兆円の三菱電機の給料より多いです。売上4兆円の三菱電機の給料は、売り上げが少ない今の機械メーカーの年収より多いです。

 

 

ひろ