読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

9年間サラリーマンをして、「この人の為に頑張ろう」と思えた上司は7人中3人。ええ上司に良く出会えているほうだ。(その2)

kyotoahaha.hatenablog.jp

 

 

(その1)の続きです。

 

 

26歳でサラリーマンになってから、9年間で7人の上司につかえてきました。その7人の上司のうち、尊敬でき、「この人の為に仕事を頑張ろう!仕事で成果を残してこの人の男にしたい!」と思えたのは、3人です。43%が、尊敬できる上司でした。結構高い確率で「ええ上司」に巡り会えている方です。ありがたい。

 

 

 f:id:kyotoahaha:20160304235421j:plain

 

 

これまでに出会った上司(その2)。

 

 

【上司④「6年目の時のM課長】

これまで資材調達をやってきましたが、ここから職種が営業に変わりました。営業に変わった時の上司がこのM課長です。

M課長自身は入社以来ずっと同じ事業部で営業されてきたようで、事業に精通うされており、人脈もありました。ただしそれは長くやっていれば得られもので、M課長にそれ以上の上積みは無いように感じました。ちょうどグロービズで学んでいたタイミングでもあったので、グロービスの講師やメンバーに比べるとM課長から特段インパクトは受けませんでした。

ただ、鉄人ごとくメールチェックはされており、移動中のメールチェックはもちろん「起きて5秒でパソコンを立ち上げる」という良く分からない逸話がありました。また、この事業部自体が「寝ずに頑張ることがすばらしい」、という文化であり、そこで評価されていたのがこのM課長でした。そんな文化のもとでビシバシしごかれながらも育ってこれたM課長の強みは「鈍感力」でした。怒られても怒られても耐えうる鈍感力があったので、この事業部の営業についていけたのです。

この「鈍感力」が、部下を持つと悪い方に働き、部下がしんどがっている部分に気づけないという致命的な欠陥となり、何人も部下を潰してしまいました。M課長自体は悪気はなかったし、その当時は営業部自体についてこれない人は潰れても問題ないような雰囲気がありました。。結果的には、僕もうつ病になってしまい、M課長とはわずか4ヵ月の付き合いでした。

 

 

【上司⑤「入社7年目の時のN係長」】

うつ病になったことでパナソニックを退社し、三菱電機に転職しました。三菱電機での初めての上司がN係長でした。

三菱電機のこの事業部も長時間労働を良しとする考えで、遅くまでいる人が評価されていました。N係長は、学生時代にラグビー部キャプテンをやっていたそうで、The体育会の方で、ほぼ毎日終電までメールチェックされるというこれまた鉄人でした。もちろんN係長は部内で評価されていました。

N係長のもとで働いていた前任担当者と前々任担当者がうまくいかず、僕がそこに配置されました。パナソニックの営業でのうつ病経験があったので、あまり自分を追い込まないように進めたこともあり、かつそのN係長の上のS課長の僕に対する評価が悪くなかったことから、比較的うまくこのN係長と付き合うことができました。長時間労働で肉体的には相当疲弊しましたが。。

悪い人ではなかったのですが、隣の隣の席に座っているにも関わらず、メールで指示やフォローをしてくるのには辟易しました。。三菱電機の中では出世されると思います。

 

 

 

【上司⑥「入社8年目の時のS課長」】

上司⑤のN係長が移動となった後、後任の係長が来なかった為、その上のS課長が係長も兼務することになりました。

S課長もThe三菱電機マンで、人一倍遅くまで働かれる方でした。平日は時折午前2時3時にメールを飛ばされ、土曜日ももちろん仕事をされていました。次もともと他の事業部におられて、僕の来る1年前に所属する事業部に移られて来たので、その所属する事業部では僕と同じ外様でした。

外様で課長としてこの事業部に来られたので、相当苦労されていましたが、部下にその苦労を押し付けるようなことは決してありませんでした。むしろ部下の成長を楽しみにされており、自分の経験を惜しみなく部下に伝えてくれました。その伝え方も、失敗談を笑いながらするような人で、決して成功体験の押し売りのようなことはありませんでした。僕はS課長からすごく素直に学ぶことができ、本格的な海外調達を経験し、学ぶことができました。

また、S課長は仕事のプロセスをよく見ていて下さり、別部門の人に自分の部下の頑張りを褒めるということをされていました。別部門の人から、「S課長が僕のことをほめていたよ」と間接的に褒められ、とても嬉しかったのが強く印象に残っています。

「この人の為に成果を残したい」と思って仕事を進めることができました。

 

 

【上司⑦「入社9年目の時のN課長」】

3社目の機械メーカーでの初めての上司N課長です。本機械メーカのプロパー社員です。

観察中ですが、「この人の為に頑張ろう」とは思えなさそうです。。

 

 

「この人の為に頑張ろう」と思えた上司(その2)。

 

いわずもがなですが、上司⑤Sさんです。

 

部下は敏感なので、その上司が部下の成長のことを本当に真剣に考えてくれて、いざというときは守ってくれるのか、もしくは部下の事を駒にしか思っていないのかを、正確に把握しています。

 

 

僕自身、「この人の為に頑張ろう」、と思ってもらえる上司になれるように、引き続き健全な努力をしていきます!

 

 

ひろ