読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

MTRL KYOTOに行ってきました。今は「外部とのコラボ」で新しいことをやる時代です。大企業が不得意なところです。

「MTRL(マテリアル)KYOTO」って知ってます?
 
 
 
 
場所は、五条富小路下る、です。京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分くらいです。
 

 

MTRL KYOTO、とは何をするところか?

 

スペースを貸してくれて、イベントをしたり、仕事をしたり、打ち合わせをしたり、作業が出来るところです。
 
 
貸し出しているスペースに、プリンター、Wifi、ディスプレイ等があり、新しい何かを生み出しやすい空間になっています。
 
 
基本料金は、「45分500円」、「1日1,800円」、となっています。
コーヒーとビールもあります。(チケット制)
 

 

MTRL KYOTO、オシャレな感じです。

 

 

今回、奥さんがここで研修に参加していたので、一緒にのぞいてきました。僕は奥さんの研修には参加してません。。
 
 
外観です。オシャレです。創造性豊かなアイディア出そー。
f:id:kyotoahaha:20160327211523j:image
 
 
キッチンあります。
f:id:kyotoahaha:20160327211547j:image
 
 
2階に上がると、シャンデリアが。吹き抜けになっていて2階から1階がみえます。開放的で、広く感じます。
f:id:kyotoahaha:20160327211607j:image
 
 
 
f:id:kyotoahaha:20160327211626j:image
 
 
2階は少し落ちついて感じです。
f:id:kyotoahaha:20160327211654j:image
 
 
2階には和室もあります。
f:id:kyotoahaha:20160327211709j:image
 
 
2階からの眺め良し!
f:id:kyotoahaha:20160327211725j:image
 
 
メンバー登録しておくといろいろできる見たいです。
f:id:kyotoahaha:20160327211758j:image
 
 

MTRL KYOTOは面白そう。大企業も噛んでいかんとどんどん衰退していく。

 

 

フリーランスの方や、小さな会社の方がおられて、ゆるいつながりがありました。

 

 

大企業にいると、外部との関わりがそうとう限定されており、その会社の中の論理がすべてになってきます。いかに社内調整するか、いかに決裁をうまく通すか、ということばっかりになってしまします。

 

 

大企業には刺激がないです。多少の安定はありますが。

 

 

ITをうまく使うと個人や小さな規模の会社でも影響力を持てて、モノづくりでも中国のOEM先が数百個とかのロットでも受注して個人でブランドを作って行ける世界になってます。こういう世界では、ゆるい繋がりから小さな面白いことが生んで、素早く立ち上げていくことは、大企業が一番苦手なところです。

 

 

大企業はMTRL KYOTOみたいなところにどんどん出て行って、新しいことをどんどんやらないと、どんどん負けていって影響力を失っていくのは間違いないです。

 

 

新しいことをやらないと、すぐに淘汰されます。世界の流れがめちゃはやいから。

 

 

ひろ