読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都あはは

36歳のうつ病サラリーマンが2017年に京都でオシャレなカフェを開いて、おもろいことを仕掛けていきます。

【読書】 小林せかいさんの「未来食堂ができるまで」、飲食したい人は一読の価値があります。理系出身者は飲食に向いています。

 ここ最近読んだ本の中で、一番面白かったです。

 

 

 

 

小林せかいさん

 

「未来食堂」のオーナー。

 

1984年生まれの32歳の女性です。

 

少し変わったお名前ですが、本名です。

 

東京工業大学理学部数学科卒業。

東京工業大学

*僕と違って、プロパーでほんまに頭いい人です。

 ちなみに理系の中でも、数学科とかの理論系はかしこい人が多いです。

 小林さんは、THE理系です。

 

日本IBMクックパッドを経て、

2015年より東京都千代田区一ツ橋に「未来食堂」をOPENされました。

IBM - Japan

クックパッド株式会社

*この本を読んで初めて知りましたが、

 クックパッドはエンジニアにっとっては、とてもレベルの高い職場です。

 小林さんが転職された当時にクックパッドで働いていたエンジニアは、

 ドクター卒(博士号を持っている人)や本を出版しているエンジニア

 であったそうです。

 日本IBMからクックパッドへの転職はITエンジニアとしては、

 ちゃんとしたキャリアアップなのでした。

 

 

未来食堂、とは。

 

オフィス街の神保町にある食堂です。

tabelog.com

 

未来食堂のコンセプトは、

「あなたの『ふつう』をあつらえる」

というものです。

 

 

未来食堂では、通常のメニューに加えて、

以下のような「あつらえ」が可能です。

・希望する材料を使ったおかずの提供

・気分や体調に合わせたおかずの提供

古来、オーダーメイドという概念は「あつらえ」と呼ばれていました。

誰もが特別なもてなしを受け、かつ、誰もが「ふつう」なのです。

「誰もが受け入れら、誰もがふさわしい場所」

 

言うは易し、ですが、

これをきっちり実行するのは、なかなか出来ません。

 

小林さんは、理系の合理的な考え方を使って、

そのコンセプトをきっちり実行しているのが、すごいとこです。

だから注目されています。

 

 

具体的には、未来食堂は以下のようなシステム(仕組み)があります。

 

  1. まかない:50分間、未来食堂で働くと1食分が無料で食べられる。
  2. あつらえ:希望する材料を使った料理の提供。
  3. ただめし:”まかない”で得た無料一食券で誰でも無料で食事が出来る。(本当に困窮した人向けのセーフティネットのイメージ。)
  4. さしいれ:飲み物等の持ち込みは無料ですが、その半分を周りのお客さんとシェアする。

 

ありそうで無かったこのようなシステムを、

小林さんは、単なる慈善ではなく、合理性を追求することで実現していってます。

 

 

小林さんのすごいところ。

 

①行動力

 効率的な飲食業のオペレーションを学ぶため、

 クックパッドを退職後、サイゼリアで3か月間バイトをする。

 僕自身を含めて、飲食をやりたいと思っている人は多いけど、

 実行に移せる人は少ない。

 行動して、失敗すれば修正する、

 というサイクルを高速で回してはります。

 

②ゼロベースで考える

 5年働いて半人前、

 串打ち3年、裂き8年、焼き一生等

 飲食業界の非合理性を徹底的に排除して、どのようにPDCAを回して改善するか、

 にフォーカスしてはります。

 

③自分の成功だけでなく、同じような境遇の人を無償で支援する、

 飲食業界/食文化を良くしていきたいという想い。

 事業計画/月次売り上げの開示というオープンソース化して、

 後に続く人を支援している。

 

 

読んだ人のココロに火をつける本です。

僕も続きます!

とりあえず、年内に飲食経験を積みます。

 

 

ひろ

f:id:kyotoahaha:20160918215601j:plain

*未来食堂のメニューとは関係のない写真です。